スポンサーリンク

アメリカ株の下げの匂いがプンプンする。今後の決算注目銘柄。

マイクロソフトがアフターマーケットの株価がさえない。アナリスト予想を上回りながらクラウド売り上げの鈍化とドル高の影響が響いた。とうとうドル高の弊害が出始めた。為替要因を除けば42%増で普通なら上がりそうだがアフターマーケットで下落、ドル一極集中が議題に上がるきっかけになりそうな事案である。グーグルもアフターマーケットで下落。それらにつれナスダック先物も下落している。今夜、翌朝、アメリカ株下げの匂いがする銘柄の決算が続々続く。

注目したい銘柄、アップル、アマゾン、ショッピファイ、インテル、キャタピラー、マスターカード

今晩、翌朝のアメリカ株は荒れて、下押し注意してほしい。アップルは比的に大丈夫な部類だろうが、アイホンの価格に世界の庶民がついていけてるかが問題だ。アマゾンはマイクロソフトと同じでクラウド次第になると思う。ショッピファイは打倒アマゾンだが苦戦をしそうだ。インテルは世界に三社しかない半導体ファウンドリーであるSOX指数に影響を与えるだろう。キャタピラーはドル高がデメリットになる銘柄で、どこまでドル高に耐えられるかが焦点である。マスターカードは世界最大のクレジットカード銘柄であり、世界の消費動向を見極める重要な決算になるだろう。

私の個人的勘で株価下押しの匂いしかしない。(あくまでも個人の感想です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました