スポンサーリンク

電力株じわり上昇、国策に売りなし。騒がず目立たずが得策

電力株が元気だ電力株や親玉の電源開発のチャートを見てほしい。国策らしいじわりとした上げ方で妙味がある。甘利がこけても経産大臣の経済産業大臣 萩生田 光一と岸田総理は健在。脱炭素には原発は必要、岸田政権ももちろん原発推進派である。あまり騒ぎすぎると福島瑞穂や辻元(あっこの人は落選したか)がうるさい。 福島瑞穂や辻元は脱炭素推進でも原発反対、不安定で景観破壊の風力やソーラー発電ですべて解決というおめでたい人たちだ。自然にマッチした風力発電やソーラー発電もある筈だが、しかし我が日本では熱海の例の様にお行儀の悪い ソーラー発電 業者が幅を利かせている状態だ。

我が国には安全性を徹底した原発は必要だ。電力株は四国電力の伊方原発の商業運転が狼煙をあげ、それに電力株が続いている。電力株は一蓮托生だ。脱炭素に絶対原発は必要だ頑張ってほしいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました