スポンサーリンク

村田製作所は下値支持線を切り上げてきており、テクニカル的にも面白く、ファンダメンタルも文句なし。

四季報のチャートを使用 緑色200日移動平均  赤色25日移動平均線   青色5日移動平均  黄色下値支持線  下段モメンタム

村田製作所はチャート的に面白い。黄色の下値支持線が徐々に切りあがってっている。今は8400円が下値支持線だ。先日その下値支持線をタッチしてから上昇し、10月15日は窓を開けて上昇し、青色の5日移動平均を抜けた。9200円当たりで緑色の200日移動平均と赤色の25日移動平均がぶつかりそうだ。そこの9200円を抜けると面白い展開になりそうだ。抜けないと、その9200円が上値抵抗線になると思う。9月の上昇は村田製作所が日経平均採用の発表があった月で、日本株が踏み上げ相場中だから、この上げはノイズと考えて欲しい。モメンタムも上昇中である。

ファンダメンタルに関しては文句のつけようがない。四季報では “モジュールは半導体不足響く。ただ柱のコンデンサーは家電やPC向けで巣ごもり需要剥落せず堅調増。車載向けも顧客の部品在庫積み増し需要が想定超で大幅数量増。前号比営業益増額。連続増配。通期の設備投資計画を100億円増額。コンデンサーの需給逼迫を受け、投資計画を一部前倒し。滋賀・守山では新たな研究開発拠点の用地取得を企図。”である。ファンダメンタルが好調その物なので安心してチャートだけを見とけば良い銘柄である。8400円あたりに強固な下値支持線があり、下げても損失は限定的だ。ここは9200円を目指してみたい。そこを突破できないと売れば良い。村田製作所がまた下値支持線まで下げた時に買えば良し。

コメント

タイトルとURLをコピーしました