スポンサーリンク
スポンサーリンク

デジタル人民元 中国が人民元の基軸通貨化を狙い始めた

デジタル人民元で中国が人民元の基軸通貨化を狙い始めた。中国は世界最大のドル保有国である稼いだ金をせっせと米国債や米ドルにもって行った。基軸通貨と言うのは最後にお金が集まる所なので必然的にそうなる。日本やサウジアラビアなどの地域大国では米国債の保有は強みになるが、世界大国の中国ではそうではない。この最後にお金がアメリカに行くと言う事をどうしても阻止したい。人民元ですべての決済をしたいと思うのは当然だ。

スポンサーリンク

基軸通貨の強み

基軸通貨国の強い。軍事力行使しなくても、相手国の経済を麻痺させる。基軸通貨国にはお金の流れを把握できる。米国との取引を禁じると相手国に通告すれば、自国の決済ができなくなる。これでベネズエラやイランは干上がってしまった。まだイランは地域大国なので政治までは混乱してないが、ベネズエラはもう政治も機能しなくなった。アメリカは世界各国の首脳部の資産も把握しており、反米の政治家は米ドル決済が出来なくする事もできる。日本はこれをやられて太平洋戦争に突入した。

石油、核心技術、基軸通貨

石油、核心技術、基軸通貨これに踏み込むとアメリカは切れる。石油や核心技術では中国はアメリカに追いついた、石油ではなんといってもユーラシア大陸に国家があるのが強みである。中央アジア、シベリアからパイプラインで石油を確保出来る。船に頼らなくてもよくなった。核心技術でもアメリカは5Gで遅れを取った。原子力、AI技術でも中国に分がある。しかし基軸通貨はなかなかアメリカの牙城を崩せない。人民元自体が通貨バスケット制の実質的な管理通貨だ。これでは基軸通貨にはなれない。実際世界三大通貨は米ドル、ユーロ、日本円だ。中国はまだまだ人民元安の恩恵を享受したいようだ。

しかし基軸通貨化の準備は怠っていない。

アジアインフラ投資銀行の創設、人民元決済、デジタル人民元

アジアインフラ投資銀行の創設、人民元決済、デジタル人民元 着々と準備をおこなっている。アジアインフラ投資銀行にアジアと付けるあたりに中国のしたたかさがある、アジアと付けてさも一地域だけと矮小化しているが、批准国は世界各国に広がっている。アジアインフラ投資銀行に世界銀行やIMFのような役割を中国は望んでいるのだろう。

緑域内の署名国   深緑域内の批准国   青域外の署名国   深青域外の批准国 ウィキペディアより

アジアインフラ投資銀行はこれだけ規模を拡大してきている。主要国では日本とアメリカだけが批准してない。

日本はデジタル人民元にも一枚噛んでおけ

日本もデジタル庁の発足によりようやくデジタル日本円を考えるそうだ。遅い対応だし、先週の東証全銘柄売買停止と失策続きだ。

デジタル人民元とデジタル日本円と相互リンク、人民元の通貨バスケット制の日本円の割合を増やすなどの対応は必要だ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました