雑学

時事

別れた彼女はなぜ魅力的みえるのか。小泉・竹中の愚作。

別れた彼女はなぜ魅力的みえるのか。小泉、竹中の愚作。 それは自分の甲斐性のなさと抱擁力のなさから生まれたものです。 元カノの車のとすれ違うたびに「幸せに出来なくて、ゴメン」涙ぐむ自分。 今に日本の少子高齢化の高齢者優遇は目に余る。 岸田の金融所得課税見直し間違っていないか! デフレ後の日本では所得の少ない現役世代を完膚でに潰してしまった。日本の所得再分配では資産が無い現役世代から資産がある高齢者に所得が戻る仕組みだぜ(真正バカ竹中、小泉の愚作)酷いよな。(血税かけて現役世代を結婚できなくさせたり、貧困化をさせたりしてりる。竹中と小泉が本尊の亜流の新自由主義がはびこってしまった) 小泉が推した河野が自民党総裁選を落ちたことがせめてもの報いだよ。 これ以上小泉バカ親子と竹中バカをびこらなくてよかった。 ジュニア小泉(別にパパ小泉でもよい)の顔見てくれ!日本国を任せられる顔ではない。 「別れた彼女を幸せにする経済力がなかった」と自分を恥じる自分。 もう小泉と竹中は勘弁してるれ。

アメリカはインフレを人手不足により抑制出来ないと思う。それを指摘するサマーズの慧眼。

アメリカはインフレを人手不足により抑制出来ないと思う。それを指摘するサマーズの慧眼。 リーマンショック以来、経済危機は中央銀行が何とかすると言う風潮が世界的に広まった。それは完全悪かと言われればそうでもない。経済危機に瀕しては中央銀行の役割は大きい、震災の多い我が日本では、ひとたび災害がおきれば中央銀行のサポートが経済復興の手助けになる。しかしそれはあくまでもサポート役だ。中央銀行がサポートに回り、本格的な復興は政府の財政政策がになうものだ。しかし、それが今現在そうなっていない。 リーマンショック以来は「中央銀行バブル」と言ってよい。利下げ、量的緩和、挙句の果てにマイナス金利と中央銀行は様々な施策を行ってきた。やりすぎだよ中央銀行。 コロナショックもマクロの経済早くは回復した。しかし個々の事業者の困窮は凄まじいものだ。「マクロ経済良くて、民痛む」の世界である。 安倍総理が誇るアベノミックスはまさにそれだった。「アベノミクスは中央銀行ミクスだった」その間、現役世代の可処分所得は減りづつけた。サマーズは言った「政策は行き過ぎだと感じている」 クリントン政権で財務長官を務め、オバマ政権では国家経済会議の委員長を務めたサマーズ氏である。居丈高で傲慢な所があるが金融政策と財政政策への見方は適格で鋭い。サマーズは「パンデミックを引き金とした不況を断ち切るために、バイデン大統領が計画する1兆9000億ドルの景気刺激策は、長らく経験したこともないようなレベルのインフレによってアメリカに打撃を与える可能性があると、数カ月にわたって警告している」のである。日本みたいに不公平で小型の財政政策(驚くことに菅政権は就任以来、竹中のバランスシート馬鹿に騙されて緊縮政策をとっていた)をするよりましだが、アメリカの景気刺激政策は過剰だったと思う。今でも対面の接客サービス業に人は戻ってこないし、政府部門にも人がこない。店を開けたくても開けれない状態がアメリカだけではなくヨーロッパでも起こっている。 ビットコインが上がるのも人々がインフレについての懸念を強く抱いているからだと思う。 サッカー選手のメッシーが給料は仮想通貨で払ってくれと移籍交渉で提案して、それをのんだパリサンジェルマンに移籍をした。庶民は普段の生活で頭がいっぱいだけど、富裕層は経済を俯瞰して見る余裕がある。「こからインフレになるぞ」と感じたのだろう。 労働市場のパラドクス「労働市場の真っ只中で、非常に力強いものが見られる。失業率がこのような水準にある時に、人手不足がこれほど蔓延するとは考えていなかった」 このパンデミックで世界中の人々に行動変容が起こっている。「わずか数千円でペコペコできない」と考える人が多くなった。日本が世界で一番、サービス業や飲食業や運送業の人手不足である。安い賃金ならユーチューブやブログでも書いて稼いだ方がましだと思っている。長期のデフレでわがままな老人の優遇はもう沢山だと思ってい人は多い。竹中平蔵は政策ブレーンやるより自分で配送や皿洗いをすべきである。取り返しようのない失策の報いとして下働きを竹中がやるべきだ。 サマーズは言った「これほど多くの雇用主が、働き手を見つけることができないと不満を漏らすことになるとは考えていなかった。すべては大丈夫になると、比較的楽観的でいるための最善の根拠は、信じられないほど手厚い失業保険による手当が9月に無くなる頃には、人々が大量に仕事に復帰し、労働市場はそれを吸収することができると提案することだと考えただろう。しかし政権は、そのような主張を否定し、失業保険が重大な影響をもたらすことを否定することに固執している」と。 手厚くない失業保険でデフレの日本が一番の人手不足である。ウェイターがいない配送員が居ないで、もうたいへんである。苦労して働くよりタバコ吸わないお酒飲まない服はユニクロで節約生活が一番だ。下働きは竹中、小泉にでもさせておいた方が良い。
時事

ナンシー関没後20年。

ナンシー関没後20年。 ナンシー関、稀代の批評家だったと思う。ウィキペディアによれば“独特の観察眼による「テレビ批評」とその挿絵に入れた著名人の似顔絵「消しゴム版画」で社会そのものを批評していた。世界初の消しゴム版画家である。”とある。 私ならこう書く「鋭い視点で社会を批評し、人物の内面を巧みにあぶり出す。それを版画と言うビジュアルで表現し、視覚的にもその人物の内面を表現する。版画には消しゴムを用いる。(注釈 世界で最初の消しゴム版画家と言われている)」 私はウィキペディアよりナンシー関を評価している。 表現した人間の「エグミ」「軽薄さ」「安さ」を見事に表現している。 私の好きな版画で蓮舫がある。 見事な分析力である。これ蓮舫が国会議員になる前に書いたものである。蓮舫の持つ「エグミ」 「軽薄さ」「安さ」 を見事に表現している。ふき出しも「社会派バカ」と秀逸である。「2位じゃだめなんですか?」の蓮舫である。GAFAだけの時価総額が日本全体の時価総額より上である。圧倒的世界一の凄さを見たら、そりゃ2位じゃ話にならないでしょうと思う。 あのナンシー関が今年のコロナと五輪と選挙をどう表現するか見てみたかった。橋本聖子 丸川大臣 小池知事 小泉進次郎 竹中平蔵と今年の題材は豊作だ。 鋭い批評を見てみたかった。 
時事

スイートバジルとズッキーニが売れない田舎の道の駅の現状。

スイートバジルとズッキーニが売れない田舎の道の駅の現状。 私の住んでる地域は県庁所在地から2時間かかり、隣接の人口8万の地域の主要都市から20分位かかる。我か町の人口は1万あまり急激な過疎化に見舞われている。 県庁所在地はもちろん隣接の人口8万の都市も人口減だ。わが町の道の駅で数年前まで洒落たスイートバジルの出荷さんがいた。新鮮で安く味も良い、でも売れない。私と数人の若手しか買わない。使い方が分からないのだ、私がスイートバジルを買っている時、年配の女性が「それなににつかうの?」と聞いてきた。私は「ホットサンドに挟んで食べるんだよ、パンとベーコンとマスタードだけでは味気ないのでスイートバジルを挟むの」と答えたが、年配の女性はキョトンである。 私がズッキーニを買っている時、年配の女性が「それなににつかうの?」と聞いてきた。「ピクルスや油で炒めてカレーパウダーかけて食べるの」と答えた、年配の女性はキョトンであった。 最近地方移住が流行りだがある程度の都会からのアクセスと都会の文化の流入も必要だと思う。もう今はスイートバジルもズッキーニも道の駅に出ていない、売れないからだ。使用法がわからないし調理法もわからない。ナスの方が塩もみ、焼きナス、ミンチナス、漬物と使用方法が豊富で手軽に出来る。田舎過ぎる道の駅には スイートバジル とズッキーニの需要はない。 参考にしてほしい。
時事

日本人に流れる農本主義が堂島のコメ先物を潰した。

日本人に流れる農本主義が堂島のコメ先物を潰した。 現代の日本人に流れている農本主義は体制擁護的な性格が強く保守的だ。コメをコモディティ商品と認めたくなかった日本人。コモディティとは一般に、商品をさす。コモディティ投資は、商品先物市場で取引されている原油やガソリンなどのエネルギー、金やプラチナなどの貴金属、トウモロコシや大豆などの穀物といったような商品に投資する事だ。投資に明るい私からすれば先物はいかがわしい物ではない。でも普通の日本人はそうは思はない。「私たちの主食であるコメをトウモロコシや大豆と一緒にするな! ましてや原油などのエネルギーやプラチナなどの貴金属と一緒にするのはもってのほか! コメをマネーゲームにするな!」である
時事

コメはなぜ聖域なのか、聖域ゆえの難しさ。

コメはなぜ聖域なのか、聖域ゆえの難しさ。稲作(コメ)は「主食」「文化」「地域交流」「粗末に扱うと罰が当たる」「娯楽」「巨大産業」「穀物」「先祖伝来の土地」「赤字耕作」「インフラ」「農協」「農水省」「基軸通貨」「政治力」 コメは主食。 コメは文化。 コメは地域交流。 コメは粗末に扱うと罰が当たる。 コメ(稲作)は娯楽。 コメ(稲作)は巨大産業。 コメは 穀物。 コメ(稲作)は先祖伝来の土地。 コメは赤字耕作。 コメ(稲作)はインフラ。 コメは農協。 コメは農水省。 コメは基軸通貨。 コメ(稲作)は政治力。 この聖域化した稲作を敵に回せる政治家はいない。
時事

岸田首相の脱小泉改革には大賛成、だが金融所得課税は筋が悪い。株の配当は個人事業主の年金である!

岸田首相の脱小泉改革には大賛成、だが金融所得課税は筋が悪い。株の配当は個人事業主の年金である! 金融所得課税の詳細。 問題は、インカムゲインにも増税を貸す事。 「貯蓄から投資へ」という政策に逆行。 株式投資はマーケットだけでなく人々の生活にもやくだっている。
時事

鉄道上場全25社の最新四半期決算「当期純利益」ランキング。

鉄道上場全25社の最新四半期決算「当期純利益」ランキング。 19都道府県に発令されていた緊急事態宣言が9月30日に解除された。鉄道各社はアフターコロナを見据えて虎視眈々と需要拡大を狙っている。宣言は発出と解除とを繰り返し、1年半以上が経過したことになる。ここが踏ん張り所と各鉄道会社は意気込む。鉄道各社も人々のテレワークの浸透とか「宣言慣れ」などの行動変容がおきていないかと鉄道各社は戦々恐々している。 鉄道業の直近の第1四半期(2021年4~6月)決算の当期純利益が大きい順にランキングにまとめてみた。 ただ、上位三社でも楽観はできない。1位の東急、3位の京浜急行電鉄は巨額の固定資産売却益を計上。2位の近鉄グループホールディングスは子会社買収にかかる特別利益を計上して、当期純利益を押し上げた格好だ。営業利益は大したことないのだ。近鉄グループホールディングスにいたっては営業利益は赤字だった。 ただ、鉄道各社も手をこまねいているわけではない。アフターコロナを見据えて、新たなサービスや事業の模索が始まっている。JR東日本、JR東海、西武鉄道などは、電車内でテレワークが可能な「ビジネス車両」の実証実験を進める。JR西日本、JR九州などは、貨客混載輸送の検証実験をスタートした。新幹線車両内の空スペースを使って提携宅配会社の荷物を輸送する。鉄道各社とも乗降客の減少を前提とした取り組みを始めている。
時事

焦るな諸君、船株は動き出すと止まらない。

焦るな諸君、船株は動き出すと止まらない。 船株は動き出したら止まらない、「いざなみ景気」を経験した私の経験である。船株の傾向として景気敏感株に大幅に遅行して、全体相場にも少し遅行する。今回はコロナ過での輸送と言う追い風が吹いて景気に先行しただけである。 船は停まろうとしても停まれない、通常は構造的に景気が良くなって船の建造を発注し、船が出来てから売上が上がって株価も上昇するのである。船株は動けば長い、これを肝に銘じてほしい。ただ敏感な景気収縮局面ではそれが凶と出て、景気が落ち込んでもしばらく株価が上がって投資家は痛手を被る。一方で商船三井は10月29日、郵船と川崎汽は11月4日にそれぞれ今2022年3月期の第2四半期(21年4~9月期)決算を発表予定だが、これに合わせての今期3度目となる収益と配当予想の上方修正への期待感は根強いのである。 船株の極意は10数年のスパンを経て上昇期を上手く乗る事だ。 船株は動けば強気になれ。 バルチック海運指数を気にするな。(日本軍はバルチック艦隊を完膚なまでに叩きつぶしたではないか) バルチック海運指数は内海の田舎指数、村上水軍の劣化互換 アメリカの雇用統計と並んでバルチック海運指数は全くあてにならないのです。世界四大船主は愛媛(今治)北欧・香港・ギリシャです。世界的にもエヒメオーナーやイマバリオーナーと呼ばれて世界的に有名です、更に船関係の日用品(船舶用のトイレタリー)や船舶用重要機関などで有名です。更に全国屈指の造船業を加えた海事産業の集積都市は、世界的にも例がないと言われている。(さすが村上水軍の末裔です)船舶関係の融資は愛媛銀行や伊予銀行しかノウハウをもっていないと言われています。贔屓目に見ても愛媛は香港、ギリシャ、北欧を凌駕する海事産業の集積地です。 そのイマバリオーナーのボスである今治造船(船舶製造量日本一、非上場)は「船は今から」と豪語しています。 自信を持って船株買って下さい。もう一度船株の売り手を踏みあげてほしい物です。
時事

牛丼の吉野家HLDを大幅増額

牛丼の吉野家HLDを大幅増額 うれしいニュースである。吉野家で牛丼食べるとデフレの怖さをを感じない。(あくまでも個人の感想です) 安さより美味い物を食べてる感覚の方が強いのだ。すき家では味わえない感覚なんだよな。すき家のゼンショーホールディングスは元々嫌い。 すき家のゼンショーホールディングス はワンオペの悪魔、 デフレの悪魔である。 すき家の鰻と牛丼合わせるCM大嫌い。 魚と肉を合わせるなんて悪趣味の極み。ネーミングも「うな牛」と最悪。石原さとみもよくあんな悪趣味なCM引き受けたな。 がんばれ吉野家である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました