未分類

未分類

中国株急反発のまとめ。やはり中国の劉鶴副首相の「市場に有利な政策」を積極的に打ち出すべきだと強調したのが起点。

中国株急反発のまとめ。やはり中国の劉鶴副首相の「市場に有利な政策」を積極的に打ち出すべきだと強調したのが起点。 香港大引け:4日ぶり急反発、大商いで20000ポイント超え  16日の香港株式市場で、ハンセン指数は4営業日ぶりに急反発。終値は前日比9.08%高の20087.50ポイントだった。中国企業指数は12.50%高の6889.45ポイント。メインボードの売買代金は概算で3097億9000万HKドルと、3000億HKドルを超え売買を伴って上昇した。  ハンセン指数は15日のNY株式相場が上昇した流れを引き継ぎ、ほぼ全面高で始まった。前日のハンセン指数終値は2016年2月12日以来およそ6年1カ月ぶりの安値圏だっただけに、足元で下げがきつかったハイテク株を中心に買い直しが入った。中国の劉鶴副首相がきょう開いた資本市場の問題を検討する会合が、中国企業の海外上場を支持する方針を示し、関連当局が「市場に有利な政策」を積極的に打ち出すべきだと強調したことも買い安心感を支えた。指数は後場に一段高となり、心理的節目の20000ポイントを上抜けて終えた。 特にハイテク企業の上昇が目立つ ハンセン指数構成銘柄では、大型ネット株のJDドットコムと美団、テンセント、アリババ集団がそろって急反発。アリババ集団子会社の阿里健康、オンラインゲームのネットイースの上昇率は20%を上回った。 中国当局は北京オリンピック後の景気対策を入念に計画していたもうよう。 中国は北京オリンピック後の景気対策を入念に計画していたようだ。ウクライナ危機と言うイレギュラーな事態が起こったがひとまず米ロと西側の決定的分裂懸念が後退した形だ。ハイテクのきつ過ぎた引き締めや下落もひとまず落ち着きそうだ。中国株の急反発を受けてソフトバンクGなども後場急激に上昇して終わった。
未分類

ロシア亡き後に輝く商社株、穀物、食糧に強い丸紅は盛夏を満喫。

ロシア亡き後に輝く商社株、穀物、食糧に強い丸紅は盛夏を満喫。 ロシアが北から攻め込みキエフを狙うとは予想外だった。そしてロシアの侵攻にたいして西側がこれだけまとまるとは思わなかった。西側の良心と結束力は確かな物である。地球上でロシア無き世界を模索していて、返り血を浴びる覚悟もある。プーチンは西側がこれほどまとまるとは思ってもみなかったと思う。国際金融、西側の物流、商品無しではロシアはもたないだろう。これだけの非人道的で非民主的で非資本主義的な事をやったロシアを停戦が成立しても西側は許さないだろう。プーチン政権が崩壊しない限り西側の制裁は続くであろう。 購買力のないロシアの悲哀。 ロシアは軍事大国だが経済大国ではない。西側企業もロシアの経済規模を考慮に入れて、ぞくぞく撤退している。高々1パーセント位の利益で企業のブランが毀損されるのは御免だ!とばかりに西側はロシアから撤退し、とっくに特損を計上してロシアを見限っている。 あらゆる資源が高止まり。 世界からロシアが無くなるとあらゆる資源が高止まりするだろう。しかし原油は最悪のシナリオを織り込んで落ち着くと思う。鉱物は高止まりするが暴騰にはならないと思う。しかし穀物だけはこれからもジリジリと値上がりするだろう。原油や鉱物は人の手がほとんどいらないのだ。価格が安くなれば即、採掘縮小ができ、価格が高くなれば即、採掘増強ができる。ただ穀物(アグリ)だけはそうにはならない。畑を耕し、水源を確保し、種を植え、たい肥をやり、収穫、脱穀、輸送をして市場に出るのだ。ロシア、ウクライナが大混乱している状況で穀物の収穫は難しいだろう。 穀物に強い丸紅。 最近の丸紅の株価は強い。丸紅と言ったら穀物とロッキード事件である。幼児期にロッキード事件を知っている私は丸紅にあまり良い印象をもっていなかった。しかしロッキード事件から40年余りたち、私の丸紅の嫌悪感が薄まってきた。そして先日丸紅株を買った。丸紅の売り上げ比率を見て欲しい。 食料20、アグリ44、化学品6、エネルギー7、情報・不動産6、建機・産機・モビリティ他17である。とにかく食料やアグリ(穀物部門)が強い。ロシア亡き後商社を買わないのは逆にリスクである。あのバフェットも三菱商事と三井物産を買い増ししたそうである。 三菱商事と三井物産も魅力的であるが、穀物に強い丸紅は私にはより魅力的に見える。 これが丸紅の日足である。
未分類

日揮HDや千代建や東洋エンジニアリングなどのエンジニアリング株には手を出すな!

日揮HDや千代建や東洋エンジニアリングなどのエンジニア株には手を出すな! 今日は日揮HDが1,373円の前日比+132(+10.64%)千代健が423円の前日比+53(+14.32%) 東洋エンジニアリングが631円の前日比+41(+6.95%)とエンジニア株が大幅高になっている。買われた理由はロシアからパイプラインで送られなくなったLNGを貯める設備増強やロシア以外のLNG生産能力の増強が強まる観測でエンジニア株が買われたのである。特にヨーロッパなどは暖房用エネルギー消費が増す来冬までに LNGを貯める設備を欲している。エンジニア株を短期で勝負するのは有りだが、中長期で持つのはお勧めしない。とにかくエンジニア株は業績が安定しない。岩盤の状態や気象条件などが絡み合いコストが予定より大幅に高くなり、しかも工期遅れが頻発する業界なのだ。昔、東洋エンジニアリングを持ってい難しさを痛感している。千代健なども一時経営危機もあった。 「仕事はあれど儲からず」がエンジニアリング会社なのである。 インフレや資源高や穀物高を予想するなら素直に商社株を買ったほうがよい。しかも利上げ観測もある。竣工から完成まで時間がかかるエンジニアリング会社は借金で事業を継続している。発注者からお金が振り込まれるまでのエンジニアリング会社の金利負担は重くなるだろう。 これが千代健の業績である。とにかく安定していない。
未分類

資源高はしばらく続く、しかし原油価格は落着きを取り戻すと思う。

資源高はしばらく続く、しかし原油価格は落着きを取り戻すと思う。 ウクライナ紛争で資源高はしばらく続きそうで、特に穀物はしばらく上がるだろう。しかし原油は1バレル120ドルあたり、時間にして2週間あまりでピークアウトすると思います。 1バレル 100ドルにコールオプションがあったてのショートカバーだと思います。100ドル以上は踏み上げ相場でかつがれただけだとおもいます。某証券会社が 「1バレル 200ドル になる」なんてレポート出してたけどいい加減な予測だと思います。暴落はしませんが原油価格は落ち着いくるとおもいます。 産油国も一枚岩ではないのです。世界中に闇の原油はあるのです。経済破綻しているベネズエラなんて原油を売りたくてしょうがないと思いますし、イランの核合意もあります。そしていざ原油価格が高騰となればアメリカもシェールオイルも増産してくるでしょう。こうなれば脱炭素だの脱原発などと言わなくなります。欧米もわりといい加減な所があります。海千山千のオイルブローカーが欧米やインドや中国などに石油を売るでしょう。ただドル決済ができないので現金商売になります。 コロナの初期の頃を思い出して下さい、WTIの原油価格がマイナスになりました。お金あげるから原油を処分してって事です。原油は吸い上げているのではなく勝手に噴き上るものなのです。勝手に噴き上がってくるので石油を消費してくれないと石油会社も困ります。それに石油のパイプラインは一定程度流れていないと詰まってしまうものなのです。 以上の観点から原油価格は落ち着い来ると思います。 スポンサーリン
未分類

コモディティー高騰、インフレ、でも上がってない物がある。

コモディティー高騰、インフレ、でも上がってない物がある。 私は去年末からのインフレやコモディテー高騰を克服できる銘柄を紹介してきた。天然ガスや石油の高騰に備えての中国石油天然気、光熱費の高騰に備えての原発銘柄、非鉄金属の高騰に備えての住友金属鉱山を推奨してきた。 手前味噌ではあるがどの銘柄もドンピシャで当たり値上がりした。 ここにきてウクライナ紛争が起こりコモディテーの高騰はさらに進むと思う。穀物、天然ガス、石油、非鉄金属など資源と穀物大国であるロシアとウクライナからの輸入が滞り高騰すると言われているし、実際値上がりしている。しかし世界が見落としている唯一のコモディテーがある。それが木材である。木材は去年のウッドショックから落着きを取り戻しているが、しかしウクライナ紛争によって木材もすぐに高騰すると思う。ロシアは世界一の木材大国でもあるからだ。また手前味噌になるが私が推奨した住友林業も上昇してくると思う。ウクライナ紛争はそう簡単に解決できないと思うので、短期でも長期でも住友林業はお勧めである。
未分類

塩野義の経口薬が「条件付き承認」されても好材料出尽くしで値下がりしないと思う理由。

塩野義の経口薬が「条件付き承認」されても好材料出尽くしで値下がりしないと思う理由。 塩野義製薬は開発が終わり治験中の経口薬を厚生労働省に製造販売承認を申請した。条件付き承認にはなるが朗報である。塩野義製薬の手代木功CEOは今の日本で一番忙しく重要なCEOと言ってよい。社員の八割を新型コロナ薬に投入して勝負に出ている。日本中が待ちに待った国産の新型コロナの経口薬が生まれようとしている。 塩野義の経口薬を整理してみよう。 新型コロナの経口薬はすでにファイザーの「パクスロビド」とメルクの「モルヌピラビル」が完成していている。 「パクスロビド」 「モルヌピラビル」 も重症化予防用に使う薬で、最後の砦といった使い方をする。処方も重症化リスクを持つ患者が対象になっている。一方の塩野義の経口薬は重症化リスクのない患者にも投与でき、承認されれば12歳以上であれば広く投与できるようになる。研究室レベルの分析ではオミクロン株にも有効という。しかも治験では、12歳以上の軽症から中等症の感染患者に1日1回、5日間投与した428人分のデータを解析したところ、服用3回目で体内のウイルス量を低下させる効果が確認され、陰性になるまでの日数が2日ほど短縮できると言われている。具体的なウイルス減少の数値は薬の投与を1日1回、3回受けたあとでは、感染性のあるウイルスが検出された人の割合が、薬の用量が多い場合には80%、用量が少ない場合は63%減少しています。 まず経口薬という事、ワクチンの接種の有無に関わらず投与できる事、副作用が少ないという事、服用は1日一回という事など塩野義のコロナ治療薬はずいぶんと処方しやすい薬だと思います。 塩野義のコロナ関係の材料は目白押し。 塩野義の経口薬が「条件付き承認」されても好材料出尽くしにはならないのは材料の山があるから。経口薬だけのスケジュールだけでも凄い。まずは条件付き承認から正式承認、政府の買い上げ、米食品医薬品局(FDA)・欧州医薬品庁(EMA)から承認を受けての世界展開などがある。 そして経口薬以外にも、新型コロナワクチン開発。鼻に噴霧するコロナワクチン開発。島津製作所と共同で進める下水モニタリング等楽しみな材料が目白押しである。 塩野義の経口薬が「条件付き承認」されても好材料出尽くしで値下がりしない理由。 ①上記に書いた様に、 塩野義のコロナ関係の材料は目白押し である事。 ②塩野義が売上が3000億くらいの比較的小型の株である事。 売上が10兆のメガファーマであるファイザーの株価の上昇が2、3割だったのに対して、小型のモ  デルナの株価は2018年12月の上場時と比べて26倍超になった。小型薬品株が超大型薬を生むと凄いことになる。 ③損得無しで塩野義に投資をする人が出てくる。 「塩野義よくやった」と損得無しで投資をする人が多くいる。実際に富裕層には社会貢献をした会社の株を買う篤志家的な人が多くいる。 ④ホワイト銘柄ファンド、イノベーションファンドなどに組み込まれ、数多くの株価指数にも採用されるだろう。 ⑤イメージアップで優秀な人材が多数入社してくるだろう。 国民を苦しめたコロナである。それを救った会社に入りたいと言う学生が塩野義に押し寄せると思う。 ⑥株の投資家は挑戦する会社、イノベーションを起こす会社が好きである。 安全志向の人は貯金する。株を買う投資家は挑戦する会社やイノベーションを起こす会社が好きである。スマートフォンを作ったアップルなどがその典型である。 以上が 塩野義の経口薬が「条件付き承認」されても好材料出尽くしで値下がりしない理由であります。
時事

生活防衛としての株取得!中小業者やフリーランスの生活防衛手段としての効果は絶大。

生活防衛としての株取得!中小業者生活防衛手段としての効果は絶大。 私は地方の上場スパーから無理な発注を受けた。大手、中堅、地場企業を競わせる発注方法に疑問を持っている。どう考えても添加物を使って日持ちを長く見せる!新鮮さをアピールをする手法に納得できない。今日も取引先のスパーからちょっと鮮度が落ちるとクレームがきた。時間の経過で鮮度が落ちるのは当然(時間の経過とともに鮮度が落ちるのは当然で、鮮度が高いから美味いとはかぎらない)であり無添加で健康に良い証拠である。 上場企業に好き勝手やらすと不正の温床になる。。大手の納入業者はさすがにそれはしないが、中堅、地場企業は新鮮さがが大事、ここは不正な添加物を使おう、製造日時を誤魔化そうとなる。 私はそれが許せない! 大手、中堅、地場企業を競わせる発注方法に疑問を持っている。 何日も柔らかい餅やパンってあるかい?餅やパンはすぐ硬くなるなるのが普通である。私は生活防衛と適切な商習慣を守るために取引先の企業の株を買います!  株は最低売買単位でも威力を発揮します。「ココが違う」「無理な発注はやめろ」と株主総会で堂々と言えます。大株主と 最低売買単位 の発言権は一緒です。もし上場企業に翻弄される事があれば、その企業株を買うことお勧めします。 納入業者+株資本家=最強の組み合わせ。 中小企業がもう泣くことはありません。取引先の株を買ってやりましょう、堂々と株主総会で不満をぶちまけて下さい。
未分類

四国電力の伊方原発3号機が臨界状態に、電力株が動意づく。

四国電力の伊方原発3号機が臨界状態に、電力株が動意づく。 原子炉が起動された伊方町にある四国電力の伊方原子力発電所3号機は、12月3日午前、原子炉で核分裂反応が連続する「臨界」の状態になりました。作業が順調に進めば12月6日に、送電を開始して運転を再開。来月(1月)4日には、営業運転を再開する予定です。原発再開で今日の四国電力は5%近い上げを記録、原発関連の電力9社と電源開発もそろって上昇した。 原発再開は岸田政権のテーマでもあるとおもいます。途中原発推進派の甘利幹事長が選挙区で落選というアクシデントはあったが、ここへきて動き出している。原発抜きの脱炭素は土台無理な話で、脱炭素には原発は必要だと思います。もちろん安全性が最重要なのは変わりはありません。原発比率の高い四国電力が先に動意づいた。ほかの電力各社も楽しみになってきた。ただ東京電力はないかなと思います。「配当増やすなら保障しろ」の声が大きいと思います。
未分類

オミクロン株出現でもテーパリングと利上げをせざるを得ないアメリカ。株価の低迷は致し方なしと見るべき。その対処法。

オミクロン株出現でもテーパリングと利上げをせざるを得ないアメリカ。株価の低迷は致し方なしと見るべき。その対処法。 このインフレは怪物である。物流の滞りと原油高での需要増である。物流の滞りはコロナ対策でマスクをつけたり 手袋をつけたり 体温測定したりの、ほんのちょっとした手間が原因である。私もスーパーへの卸へ行くと時にはマスク着用義務と体温測定がある。スーパーのバックヤードは体温測定場所に行列ができている。スーパーでこれだから国際貿易ではさぞ煩雑な手続きになるだろうと想像できる。原油高はオペックがオペックプラスになって賢くなったのが原因だろう。 インフレには比較的寛容なアメリカ人でもガソリン価格が高騰すると一気に不満が爆発する。今でも大統領になるための第一条件はガソリン価格を低く抑える事ができるか?である。そのインフレに寛容なアメリカ人が今回のインフレは異常だと思っているのだから、今回のインフレは怪物だ。パウエルFRB議長が議会でつるし上げにあった。つるし上げの原因はパウエルが共和党員だった事にある。インフレは共和党の責任にしていまえって事だ。パウエルは民主党の誘導尋問にかかりテーパリングと利上げをせざるを得ない状況に追い込まれた。 テーパリングと利上げをすると株は1割くらいは下がるだろう。 テーパリングと利上げをするとアメリカ株は1割くらいは下がるだろう。 過熱気味のアメリカ市場だから1割くらいの下げは許容範囲だ。それに テーパリングと利上げはいつかはやらなくてはいけない。いつまでも低金利と金融緩和をすると日本の失われた30年みたいになる。 テーパリングと利上げをすることは悪いことではない、むしろ適正な金利が付くのが正常な世界で、次にくる経済危機に対しても中央銀行が機動的な金融政策を打てる。 金利上昇の株価低迷期に買うのは、はたしてバリュー株なのか? むしろグロース株を買うべきだと思う。 「テーパーリングと金利上昇で来年はGAFAは危ない」と言う評論家がいる。 バカかと言いたい。 「GAFA」 は金利上昇を屁とも思っていない。銀行から借りた金利上昇分くらいは 「GAFA」 にとっては蚊に刺された程度だ。金利上昇分くらいの微々たるお金は新規事業のリターン分でなんとでもできる。強い株は強いのである。アマゾンとかなら「お金貸して下さい。嫌ならあなたの銀行買います」とさえ言いそうだ。 そして「来年は金利上昇するからグロース株のナスダック100より小型株のラッセル2000 にしなさい」と言う評論家もいる バカな事は言うなである。2つの意味で間違っている。まず一つ目の間違いは金利上昇は小型株のラッセル2000の方が痛い筈だ。大型株のプロクターアンドギャンブルとかジョンソンエンドジョンソンが銀行に金借りるほどお金に困っているだろうか?運営費や予備費で十分対応可能だ。そして二つ目の間違いは ナスダック100とか ラッセル2000 とかのインデック投資を勧めている事だ。来年は全体相場が下がるのでインデックス投資では対応できない。個別株で勝負だ。航空株とかクルーズ株買っちゃだめだよ。ダンさんみたいに機動的に動ける人じゃないと 航空株とかクルーズ株買っちゃだめだ。買うのはとにかく強い株である。 エヌビディア、グーグル、アマゾン、信越化学 、ダイフクがお勧め。 いずれも半導体とEC関係でアメリカから3銘柄 、日本から2銘柄。 エヌビディア  AIの王者は揺るがない、アーム買収失敗で押し目があれば絶好の買場である グーグル 個人情報はほぼグーグルに筒抜けだ、これからグーグルの牙城を崩すのは難しい。 アマゾン ECの王者である クラウドサービスも強力だ。 信越化学 どの局面でも利益を出せる巧者。コモディティ化した商品でも利益が出せるのが強さ。 ダイフク マテハン(自動倉庫)の王者である。人手不足、ECの活況には欠かせない企業。 とにかく時流に乗った強い株を買おう。
未分類

銘柄を分析して成長性に賭ける長期投資家に参考になる、さわかみファンドの上位組み入れトップ20。

さわかみファンドの基本は長期投資だ会社の成長性や事業形態を分析して、割安の時に買うスタイルだ。20年あまりの投資実績は日経平均の倍のパフォーマンスをたたき出している。投資先はほぼ日本株で(約90%が日本株)未来の社会が豊かにような銘柄に投資をしている。短期のテクニカルでは動かない。そして組み入れに東証一部が多く、電気機器、機械、化学、精密機器セクターが多いのも特徴だ。 それではさわかみファンドの組み入れトップ20を見ていこう。トップ3が日本電産、ダイキン工業、信越化学工業である。このトップ3だけで、いかにさわかみファンドの眼力が確かか分る。これを長期投資してるのだから利が乗ってると思う。テルモ、浜松ホトニクスも面白い、普通のファンドならバランスを考えてここらへんに航空株とか電力株入れてくる筈だ。面白いのは11位にINPEX(国際石油帝石)を入れている事だ。つまらないファンドだとSDGsだとか言って INPEX を入れてこない、燃料やエネルギーとしての石油消費は少なくなるけど(環境には良い事だが)化学製品の原料としては石油は絶対必要だと思う。14位のディスコ 15位の三浦工業、16位のHOYAも渋い。ディスコは半導体切断と研磨 三浦工業はボイラーの設置とメンテナンス HOYAは高級レンズと稼ぐ力のある銘柄だ。 まぁ見事なポートフォリオである。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました